【ぱくペインクリニック】 神戸市中央区 整形外科疾患・神経内科疾患・皮膚科疾患・癌の痛み・その他の疾患
>>診察時間はこちら

三叉神経痛の治療はお任せください

  三叉神経痛とは
顔面の痛みの代表的な疾患です。歯の痛みと間違えられて、健康な歯を抜歯されることもありますので注意が必要です。三叉神経は、顔面の感覚を脳に伝える第5番目の脳神経で眼神経、上顎神経、下顎神経と3本の枝に分かれています。この3本のうちどれかの神経に激烈な神経痛が発生する疾患です。 三叉神経痛は顔面の片側におこる電激痛が特徴です。 顔を触ったり動かすとひじょうに強い痛みが出ますので、洗顔や髭剃り、食事などが出来なくなります。 原因ですが、三叉神経の根元が、血管で圧迫されて起こることが多いことがわかっています。ほかに脳腫瘍によるものや多発性硬化症によるものなどがあります。
  三叉神経痛の治療方法
まず抗痙攣薬であるカルバマゼピンをはじめとした内服治療をおこないます。 内服で痛みがコントロールできないときには、神経ブロック、手術、ガンマナイフ(放射線治療)の3つの治療法があります。それぞれ利点欠点がありますので詳細は医師にご確認ください。 神経ブロックは三叉神経節もしくはその末梢枝にたいして高周波熱凝固という方法を用いておこないます。ほとんどの症例で直後から痛みは消失します。 ぱくペインクリニックは、最新の技術を取り入れた治療をおこなっています。
  三叉神経痛の神経ブロック治療は痛い?
三叉神経痛の治療には、神経ブロック注射は有効ですが、痛いのでは!という方がおられます。当院ではその痛みと不安を少しでも軽減すべく、最新の技術を取り入れています。 三叉神経痛の治療は他の疾患よりも少し痛みを伴います。 しかし豊富な治療経験を活かして治療を行いますので、短時間で治療を終了し患者の苦痛を減らすよう努めています。
  院長は超音波ガイド下三叉神経ブロックの開発者
三叉神経痛の治療に有効な神経ブロックの手技は、初期には盲目的におこなうものでした。しかし当院では国内での導入の少ない超音波画像を見ながらおこなう手技、X線透視を見ながらおこなう手技を使用しています。神経ブロックの種類に応じて、適切にX線透視や超音波画像を併用し治療をおこなうことができます。 ぱくペインクリニックの院長は超音波ガイドでおこなう三叉神経ブロックを世界に先駆けて開発しました。実際に多くの患者に対して治療を行い、豊富な臨床経験を積んでおります。 超音波ガイド下神経ブロックには以下のような大きな利点があります。

①レントゲン被爆がない
②血管や筋肉といった軟部組織を直接観察しながら穿刺できる

利点を生かし、X線透視と使い分けることにより現場で大きな威力を発揮します。
  患者様の声
◎突然に頭の先から顔の左半面・口にかけて切れた、割れたような痛みに襲われました。(70代女性)
早速、診察・注射していただいたところ、あの激痛が消えました。
痛みがひどい時は、話す事・笑う事・食事もろくに出来なかったのが一度に消えました。
>>全文はこちらをクリック
院長から一言
三叉神経痛に対して、当院では超音波ガイド及び透視下での神経ブロック(熱凝固)を正確に行うことが可能です。 ブロックによる疼痛緩和を得ることができ、本当に良かったですね。

◎寝ても起きても、頭・耳・咽に激痛がはしり、泣いてばかりいました。(80代女性)
食べ物も口にできず、何とかすり鉢ですり潰した刺激のないものを流し込んでいました。
首に注射は怖いなと思っていましたが、この痛みが少しでもましになるなら我慢しようと思いました。超音波を見ながらの注射で、ほんのわずかチクリとしただけでした。
>>全文はこちらをクリック
院長から一言
三叉神経の帯状疱疹の患者様です。
初診から、しばらくは「こんな痛いのなら死んだほうがましだ」と泣きながらおっしゃられていましたね。 治療を重ねるにつれて痛みが減り、舌の潰瘍も縮小していきました。 今は笑ってお話できるようになり、我々も本当に嬉しく思います。

診療時間  地図

●阪急三宮駅、JR三ノ宮駅、阪神三宮駅より南へ徒歩すぐ
  ボーリング場ラウンドワンの南側

●ビルの1Fには、御幸通郵便局があります

●お車でお越しの方
  国道2号線「中央区役所交差点」を南へ、
  1つめ目の交差点を右折、次の交差点を過ぎて左側

  ※当院には、駐車場はございません。
   近隣の時間貸駐車場をご利用下さい。


当院の案内パンフレットは、こちらから印刷してご利用ください。

地図  診療時間、 ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ


予約制  (ご来院前に必ずご連絡ください。)
初診の受付は、17:00までです。
初診時は、紹介状、フィルム、お薬手帳があれば、持参して下さい。
休診:木曜、日曜、祝日
※土曜午後は、特殊外来


当院の案内パンフレットは、こちらから印刷してご利用ください。