【ぱくペインクリニック】 神戸市中央区 整形外科疾患・神経内科疾患・皮膚科疾患・癌の痛み・その他の疾患
>>診察時間はこちら

腰痛、坐骨神経痛の治療

  腰痛、坐骨神経痛
腰の痛みや下肢の痛みがある場合、その原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症が2大原因となっています。
(そのほかにも腰殿部痛ならば、筋筋膜性腰痛、腰椎椎間関節症、仙腸関節症など、そして坐骨神経痛ならば梨状筋症候群など数多くの疾患があります。詳細はこちら(代表的な疾患)を参考にしてください)
昨今では、腰痛には心理的な要素も多分に関与していると言われていますが、実際のところは、強い腰痛にはやはり何らかの原因疾患があり、適切に神経ブロックにより治療をおこなうと改善するケースが多いです。
  腰椎椎間板ヘルニア
腰や臀部が痛み、下肢にシビレや痛みが走ったり、足に力が入りにくくなったりします。重いものを持ったり、洗顔しようとしたり、靴下をはいたりすると症状が強くなることがあります。
背骨(腰椎)には、脊椎が積み重なっている間にクッションとなる椎間板という組織があります。この椎間板の一部が飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言います。このヘルニアが脊椎の後ろを通る脊髄神経を圧迫することで腰痛や坐骨神経痛を起こします。悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなります。
腰椎椎間板ヘルニアの多くは、時とともに自然治癒していくことが知られています。そのため、神経圧迫がかなり強く、足の筋力低下がひどい、排尿障害がある、という場合を除いては手術を急ぐ必要はありません。痛みさえしのぐことができれば、自然に症状がよくなるのを待つことができます。
  腰部脊柱管狭窄症
安静にしていれば痛くないのに、背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出て立ち止まってしまいます。しかしすこし腰を丸めて休むと痛みが軽減します。このような症状を間欠性跛行といい、腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。
背骨には脊柱管という脊髄の神経が通るトンネルがありますが、脊柱管が加齢によって狭くなり、それによって神経が圧迫され、神経の血流が低下するため、神経への血液不足が起きて痛みやシビレが起こります。脊柱管は前にかがむと広がるので、腰を曲げて休むと神経の血流が改善するため症状が和らぎます。腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に発症することが多い病気です。
  腰痛、坐骨神経痛の治療法
○神経ブロック
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の痛みには神経ブロックが有効です。硬膜外ブロック、神経根ブロック、坐骨神経ブロックなどを行います。神経ブロックにより痛みの原因である神経の炎症を鎮め、さらに周囲の血流も増えるので治癒を早める効果が期待できます。(他のブロック治療に関してはこちらのページをご覧下さい
○投薬
現在は多様な鎮痛薬が使用可能となっていますが、得られる効果はそれぞれ異なります。
当院では患者様の病態や痛みの性質に応じて、その時々に応じ、最適と考える投薬をおこなっております。
  腰痛、坐骨神経痛の神経ブロック治療は痛い?
当院では、必要に応じてX線透視下もしくは超音波ガイド下で神経ブロックを行っており、より正確で安全に、またなるべく痛みの少ないブロックを行えるようこころがけております。また神経ブロックに使用する針は細いものを用いており、さらに最初に十分に局所麻酔をすることで、痛みをできるかぎり軽くできるよう努めております。多くの患者様には「思ったより痛くなかった」というご感想をいただいております。ご安心ください。
  国内導入の少ない超音波ガイド下神経ブロック
国内導入の少ない超音波ガイド下神経ブロック
腰痛、坐骨神経痛に有効な神経ブロックの手技は、初期には盲目的におこなうものでした。しかし当院では国内での導入の少ない超音波画像を見ながらおこなう手技、X線透視を見ながらおこなう手技を使用しています。神経ブロックの種類に応じて、適切に超音波画像やX線透視を併用し治療をおこなうことができます。 超音波ガイド下神経ブロックには以下のような大きな利点があります。

①レントゲン被爆がない
②血管や筋肉、神経といった軟部組織を直接観察しながら穿刺できる

利点を生かし、X線透視と使い分けることにより現場で大きな威力を発揮します。
  患者様の声
◎腰痛で普通に歩くのもつらいような痛みでした。(50代女性)
ブロック注射はもっと痛いのを覚悟していましたが、それほど痛みは感じませんでした。 人に話すとみなさん「ブロック注射って痛いんでしょう」と敬遠される方が多いですので良さをもっと知ってほしいと感じます。
>>全文はこちらをクリック
院長から一言
腰痛が強く、歩くのも辛そうな表情で来院されたのを覚えています。
何回かのブロック注射で痛みが軽くなっていき良かったです。
◎近医の整形外科で脊椎管狭窄症と診断されました。(70代女性)
ペインクリニックは「痛みをやわらげる科」というだけの知識でしたが、X線やエコーを使って注射の位置を特定し、局所麻酔をしてブロックを行なう事を知りました。
>>全文はこちらをクリック
スタッフから一言
腰部脊柱管狭窄症の患者様です。旦那様が、当クリニックに訪ねてこられて 「妻を診察していただきたい」とおっしゃられたことを今も覚えています。 症状の改善が得られて、明るくなっていく姿を見ると我々も嬉しく感じていましたよ。
診療時間  地図

●阪急三宮駅、JR三ノ宮駅、阪神三宮駅より南へ徒歩すぐ
  ボーリング場ラウンドワンの南側

●ビルの1Fには、御幸通郵便局があります

●お車でお越しの方
  国道2号線「中央区役所交差点」を南へ、
  1つめ目の交差点を右折、次の交差点を過ぎて左側

  ※当院には、駐車場はございません。
   近隣の時間貸駐車場をご利用下さい。


当院の案内パンフレットは、こちらから印刷してご利用ください。

地図  診療時間、 ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ


予約制  (ご来院前に必ずご連絡ください。)
初診の受付は、17:00までです。
初診時は、紹介状、フィルム、お薬手帳があれば、持参して下さい。
休診:木曜、日曜、祝日
※土曜午後は、特殊外来


当院の案内パンフレットは、こちらから印刷してご利用ください。