【ぱくペインクリニック】 神戸市中央区 整形外科疾患・神経内科疾患・皮膚科疾患・癌の痛み・その他の疾患
>>診察時間はこちら

Q&A

素朴な質問集
  ①神経ブロックは痛くないですか?
もちろん注射なので少し痛いです。
しかし、通常の採血に使う針よりも細い針で痛み止めをしておこなうことが多いので、我慢できないほどの痛みということはありません。
思ったほど痛くなかったとの声が多いです。ご安心ください。
  ②でも神経ブロックで、すごく痛い思いをしたことがあるのですが?
原因は2つ考えられます。
1つ目は痛み止めが少なかったこと
2つ目はもともと痛みを伴うブロックであったということ
神経根ブロックや三叉神経ブロックは神経自体を穿刺しますので通常強い痛みを伴います。
当院ではこれらのブロックも出来る限り痛みが少なくなる工夫をしています。
詳しくは施行前にお聞きください。
  ③神経ブロックで使用する薬の成分はなんですか?副作用はないですか?
局所麻酔薬がメインで、ステロイドという炎症を抑える薬を使用する場合があります。
局所麻酔薬はひじょうに安全性が高い薬ですので、複数回の神経ブロックをおこなっても特に問題にはなりません。
ステロイドは炎症の強い時期のみ使用し、常用することはありません。ただし緑内障や糖尿病のある方は単回使用でも注意する必要がありますので、そのような持病がある方には使用しないこともあります。
  ④神経ブロックの効果は一時的ですか?
神経ブロックというのは、単に痛み止めで痛みをごまかしているのではありません。
炎症部位に薬液を届けて炎症を鎮静化させる。
血流を改善させて、痛みの悪循環を断ち切る。
など様々な作用があります。
実際、腰椎椎間板ヘルニアなどの患者様で、痛みが強い場合でも数回のブロックで症状が改善し日常生活に支障がなくなるケースは多く見られますよ。